長谷寺 紅葉のライトアップの情報 秋に行きたい子連れ鎌倉散歩





毎年11月下旬から12月上旬になると、紅葉の紅葉で有名な長谷寺ではライトアップが行われます。

おしょうゆ大臣
どうしようもないレベルの混雑もありません。歩けますし、子連れで行っても大丈夫でしたよ。

紅葉のライトアップだけでなく、竹林やお堂もライトアップされます。水面に映る紅葉もまた美しいですよ。

2018年の長谷寺 紅葉ライトアップの日程
日時:2018/11/23(金)~2018/12/09(日)

時間:時間:日没 ~ 18:00閉門 18:30閉山

料金:大人300円、小学生100円

電話番号:0467-22-6300

地図

〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷3丁目11−2

最寄駅:長谷(江ノ島電鉄)

紅葉が美しい長谷寺ライトアップ

 


なんといってもこの紅葉のライトアップ、ノスタルジックです。

 

View this post on Instagram

 

#長谷寺 #長谷寺ライトアップ #紅葉

Mizuho Asoさん(@mizuho_aso)がシェアした投稿 –

短い期間だけ楽しめる、知られざるライトアップイベント。

日本に住んでいて良かった、とふと感じてしまいます。

 

View this post on Instagram

 

紅葉と竹林の中ライトアップ素敵です。 長谷寺 鎌倉 神奈川県 #長谷寺ライトアップ #長谷寺紅葉 #長谷寺#鎌倉

Tosiharu Hataさん(@tosi6519)がシェアした投稿 –

紅葉と竹林の見事なハーモニー。

長谷寺ライトアップ入場時間や混雑状況は?

長谷寺のライトアップイベントは日没からとなっており、スタートの時間は日程によって異なります。

だいたい16:30くらいにライトアップが始まることが多いです。

長谷寺ライトアップは、もちろんそれなりには混雑していますが、拝観券売り場に並ぶことはあっても、例年、整理券が出されるといったレベルまでの混雑ではありません。

おしょうゆ大臣

理想としては、16:45くらいのまだ明るくてライトアップ開始のあたりに入場することをオススメします。

特に子連れの場合は早めに入って、状況次第で少し早めに帰宅できるようにしておきたいところです。

子連れで長谷寺のライトアップ ベビーカーは?

長谷寺のライトアップはベビーカーOKではあります。

こども内閣もベビーカーで参戦。夜も少し遅めなので、寝ても良いようにとベビーカーを持って行きました。

ただ、ちょっと階段があります。

メインとなる観音様は上境内にあるので、ここは階段を登らなければいけません。

そこで、下境内のベビーカー置き場に、ベビーカーを置いて抱っこで歩きます。

ケチャップ総理
そうか、僕は途中で寝ちゃったんだった!

はい、1歳のケチャップ総理をベビーカーでお連れしました。が、案の定寝てしまわれましたね。

おしょうゆ大臣
まだ紅葉は何か理解できないと思いますが、幻想的な絵はきっと脳に刻まれたと思います。子供の頃からこういう風景の良いところには連れて行ってあげたいですよね。

子連れ長谷寺へは江ノ電も楽しめる

長谷寺 紅葉ライトアップが行われる長谷寺は長谷駅が最寄となります。

長谷駅は、江ノ島電鉄(通称江ノ電)の駅。藤沢から鎌倉までの短い路線で、途中に江ノ島など子連れ人気スポットもあります。

江ノ電に乗るというだけで子供も大喜び。

特に先頭車両は海やトンネルなど、江ノ電をまるっと楽しめます。

鎌倉や藤沢から、江ノ電で長谷に向かう子連れリトルトリップ。

関連記事

江ノ電に子連れで乗ったのでブログで5つの魅力をご紹介!

2018.04.06

長谷寺ライトアップは子供も楽しめる

 

長谷寺 紅葉 ライトアップの詳細

地図

〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷3丁目11−2

最寄駅:長谷(江ノ島電鉄)

2018年の長谷寺 紅葉ライトアップの日程
日時:2018/11/23(金)~2018/12/09(日)

時間:時間:日没 ~ 18:00閉門 18:30閉山

料金:大人300円、小学生100円

電話番号:0467-22-6300




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

O shōyu

おしょうゆ大臣 40歳、2人の子供の初めてのパパ、会社をやっています! 子供を後継者に!をテーマに6歳男の子&3歳女の子を連れて、いろんなところに行って気づいたこと、よかった勉強方法のまとめをしています。 わからないことだらけ!妻と子供たちに助けてもらいながらパパ、がんばりマス。 国際化社会と言われる現代日本で、どんな子育てがいいのか?と考えながら新しい刺激を子供たちに届けながら、お届けします。