1歳のお祝い 一升餅(一生餅)って何?あっという間の1歳です




こども内閣 イベント省です。

こども内閣のケチャップ総理が1歳のお誕生日には、お餅を踏んでいただきました。

これは、一生食べ物に困らないように、と一升餅(一生餅)というそうなんです。

ケチャップ総理
なんで一升って書くんだろう?

一升餅(いっしょうもち)とは、一升分のお米を使って作るお餅なんだそうです。

だから一升なんですね!

一升は、およそ1.8kg。

一歳の誕生日には子供のお祝いに、一升餅、誕生餅などと言うそうです。

一升(1.8kg)と、一生をうまく掛けてるんですね、なるほど。

一生食べ物に困らないように。

そして餅は後で食べました。

1歳の誕生日はあっという間

もう1歳!という感じです。

早いですね〜。

いよいよ歩き始めたり、カタコトの言葉を話したり・・・

1歳、2歳といった時期は一番かわいいと言っても過言ではないですね。

1年って早いです。

が、この1年で子供はすごいスピードで成長していきます。

1歳、ケチャップ総理はまだ歩けませんでしが、ゆっくり、決して焦らせずに見守りました。

歩くのが早いとか、遅いとか、あんまり関係ないんですよね。

子供は3歳までに一生分の親孝行をする

子どもは3歳までに一生分の親孝行をする・・・なんて聞いたことはありませんか?

0歳、1歳、そして2歳、3歳と大変なこともありますが、かわいいですよね。

その中でも1歳〜2歳は本当に天使のようです。

パパと息子・娘の関係というのもまた特別だなあ〜とふと思います。

天使のような無邪気な笑顔、でもパパはなかなか普段ずっと家にいることもできませんからね。

私が帰るといつも飛んできてくれます。

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

O shōyu

おしょうゆ大臣 40歳、2人の子供の初めてのパパ、会社をやっています! 子供を後継者に!をテーマに6歳男の子&3歳女の子を連れて、いろんなところに行って気づいたこと、よかった勉強方法のまとめをしています。 わからないことだらけ!妻と子供たちに助けてもらいながらパパ、がんばりマス。 国際化社会と言われる現代日本で、どんな子育てがいいのか?と考えながら新しい刺激を子供たちに届けながら、お届けします。