馬事公苑で乗馬について語ってみる




2016年の最終日は、ソース大臣が単独で5歳 ケチャップ総理と、2歳 マヨネーズ副総理を馬事公苑にお連れしております。

馬が走っているんですよね。

もともと英国のスポーツです。
というのも、姿勢が良くなるんですって。
まず、馬は結構敏感な生き物です。
人間が怯えていたら、そういうのを察知します。

で、ふるい落としたらりするんですよ。
そこをグッとタズナを握って制御する。
主従関係をはっきりさせるわけですね。

そうこうしているうちに、主人の言うことを聞くというわけです。
馬は、姿勢正しく乗っていないと危ないですし、凛として乗っていないといけません、主人として。

そういうこともあって、自然と姿勢が良くなるそうです。

そんなことを、いちいちケチャップ総理に説明すると、いろいろ質問が出るので面白いです。
結構難解な話をしてみるんですが、ちゃんとついてくるんですよ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大臣ソース

こども内閣 学び省の大臣。 40歳、2人の子供の父で、おでかけ省など他の大臣も兼任している噂も。 6歳男の子&3歳女の子を連れて学んだこと、良かった学習方法、良かった本などをシェアします。わからないことだらけ!妻と子供たちに助けてもらいながらパパ、がんばりマス。 グローバル化が進む日本で、これからどんな教育が成果を上げるのか?AIに負けない子供教育を真剣に考え、お届けします。