鉄道博物館の転車台

こども内閣のおでかけ大臣 おしょうゆです。

今回はケチャップ総理を鉄道博物館にご案内しています。

みなさん、転車台(てんしゃだい)はご存知ですか?

この、大きな重たい機関車を台に乗せて回転させて、それぞれの場所に向けて仕舞おう、というのが目的で作られた回転するレールですね。
大宮の鉄道博物館ではこの転車台に蒸気機関車が乗っていて、時間限定で1日2回、転車台が回転するショーをやっていますから、ぜひチェックしてみたいですね。

昭和15年に作られた、C57形式蒸気機関車です。

転車台回転・汽笛吹鳴実演
毎日 (1)12:00~ (2)15:00~ ※各回約10分

実は、、知らないと失敗するちょっとした注意点もありますから、押さえておきたいポイントもご紹介します。

ゆっくりと転車台がまわりはじめました。

アナウンスの声がどこからか聞こえてきます。
今回ケチャップ総理が陣取りましたのが、2階。

ここなら全貌が見えます。

2階からは1階が見下ろせるので、転車台のショーを見るなら2階はおすすめです。

2階席

2階からなら転車台が見下せます。

転車台は約15分くらいかけてまわります。

そうです、ゆっくり!

意外と退屈なのは否めません。

ケチャップ総理は真剣でしたが、楽しい!という表情ではありませんでしたね。
まあ、転車台が回るだけといってしまえばそうなのです。

マヨネーズ副総理は女の子ですから、アイスクリームを食べに退散しています。

かなりまわってきましたね。

オチがあるわけではないのですが、まわっていることに若干の感動があります。

45度くらい回転してきました。

アナウンスはずっと続けられていますから、大人である大臣はへぇ〜と飽きることはないのですが、こども内閣のケチャップ総理はこうおっしゃってました。

■動画で見たのと同じだ

動画を事前にチェックなさっていたのですか、総理!
それはユーチューバーの作った動画ですね?
総理、あいにく内閣公認の動画ではござりませぬ・・・

あぁっ!

転車台が回転してきて、反対側が見えたとき、

なんと、アナウンスしてくれていた方の姿が!

なんだ、ここでしゃべっていたんですね。

転車台に乗って、一緒に移動されている係りの方も。

運転手さんもいました。

それでは、汽笛を!

ポッポーーー

鳴り響きました!

が、その直後、、、

うぎゃーあああー

鳴り響きました。

赤ちゃんはびっくりしたのです。
みなさん、もし話してわかる年齢なら事前に話しておくか、または小さな子連れの場合は避けた方が無難かも・・・

こうして180度回転しました。

さて、いよいよここからまた180度回転します。

汽笛はスタート時・180度回った時・最後

この3回です。
ポーーーっと、ユーチューブでは感じることができない迫力ある音が胸につきささります。ちょっとびっくりするくらいのこの大迫力オーケストラのような汽笛。リアリティたっぷりで、この音だけでも価値はあるかもしれませんね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

O shōyu

おしょうゆ大臣 40歳、2人の子供の初めてのパパ、会社をやっています! 子供を後継者に!をテーマに6歳男の子&3歳女の子を連れて、いろんなところに行って気づいたこと、よかった勉強方法のまとめをしています。 わからないことだらけ!妻と子供たちに助けてもらいながらパパ、がんばりマス。 国際化社会と言われる現代日本で、どんな子育てがいいのか?と考えながら新しい刺激を子供たちに届けながら、お届けします。