よみうりランド プールWAIのアンパンマンに会って、アンパンマンのプールで遊んでみる




■あんぱん

アンパンマンが大好きという3歳 マヨネーズ副総理。

今回のこども内閣では、よみうりランドのプール《プールWAI》の中にありますアンパンマンプールへ!

 

まずはよみうりランド プールWAIに入場します。

プールWAI アンパンマンプールの入り口

 

SLマンのふわふわスベリ台
大人気のSLマンがすべり台になりました。
運転席からのりこんで、プールに向かってすべって遊ぼう!

よみうりランド ウェブサイト アンパンマンプールより引用

小さなプールで、1人ずつ滑るので少し混雑します。

距離は短いんですが、ジャボンとプールに降りるのは楽しいですよね。

すぐにまた滑り台を目指す3歳 マヨネーズ副総理。

・結局10回以上滑りましたよね・・。

アンパンマンプールの水遊びコーナー

水遊びコーナー</p> <p>
アンパンマンとばいきんまんの顔を完成させる「顔合わせ」や、トランプのマークを回転させる「トランプマンとく~るくる」など楽しく水で遊べるよ!

よみうりランド ウェブサイト アンパンマンプールより引用

これはなかなか気分爽快!

・ホースで水を出して的に当てるのって、水遊びの醍醐味ですよね。大臣も子供の頃は長時間水を撒いて遊んで叱られたものです・・。

アンパンマンプール かびるんるんの滑り台

かびるんるんの滑り台は、滑ろうとすると・・・なんとかびるんるんが狙っているんですね〜。

でも滑っていると見えない・・これはなかなかリスクが

距離は短いです。

かびるんるんの谷のスベリ台</p> <p>
かびるんるんたちのかわいいスベリ台だよ!
一人でおりることができるかな?

3歳 マヨネーズ副総理、1人でチャレンジ!

アンパンマンに襲いかかるかびるんるん、3歳マヨネーズ副総理は・・・

すっと滑っていきましたね。

 

アンパンマンプール バイキンじょうの滝

”バイキンじょうの滝”
バイキンじょうの滝から流れ出す水がみんなをねらってふきだすぞ!

バイキンマン、もう許さないぞ!

アンパンマンが向かったその時・・・

ははははは、ハヒフヘホ〜

バイキンマンが放水・・・

顔が濡れて力が出ない〜ジャムおじさんに知らせて・・・。

と、アンパンマンは水が苦手なんですね、これは急いでパン工場で新しい顔を焼いてもらわねば・・・

アンパンマンプール ジャムおじさんのパンこうじょう

アンパンマンのホームポジションとなる、パン工場もちゃんとありました。

ちゃんとパンをこねて・・

アンパンマンをつくろう!

時々コキンちゃんのいたずらもあるけどね。

水が、ドバアッと。

アンパンマンプール

アンパンマンプールには仲間がいっぱい

バタ子さん、こんなところで何を?

赤ちゃんマンも・・

キャラクターたくさん。

滝のようなアンパンマンプールに入る3歳 マヨネーズ副総理。

甘くないカレーを発信する彼はカレーパンマン。

もうメロメロ。

水深も浅く、赤ちゃんや幼児も安心。

高台には、チーズが!

とにかく、アンパンマンプールだけでも楽しめます。

アンパンマンと握手

みんな大好き、アンパンマン。

よみうりランドのプール WAIでは、時間限定ですがアンパンマンと握手ができます。

10:30、12:00、15:30の3回!

アンパンマンは君だ!

アンパンマンに、勇気を持って手を出す男の子。

握手してもらえた!

はい、次の子おいでおいで〜

 

小さな子にはしゃがんで対応してくれる心優しいアンパンマン。

アンパンマンは去っていく。

バイバイ、お腹が空いたら言ってね!

ぎゅっと抱きしめられよう。

こうしてアンパンマンは去っていきました。

もし並ぶのに間に合わなかったら、帰り際を狙ってみてください。ハイタッチくらいはしてくれるはず!

アンパンマンプール近くの売店

アンパンマンと握手したら、最寄りの飲食スポットはこちら。

日清焼きそばUFOが食べられるという、ここだけのエリア。

 

UFOはおなじみの焼きそば。

それにこの、お好み焼きがついてくる。

お好み焼きか、チキン竜田が付いて、500円。

かぶお節と

ふりかけ

ソース、

マヨネーズを取って。

味は・・・

普通のカップ焼きそばです。買ってきたのと同じです。でも、プールで食べるから?意外とコクがあるなあ・・と美味しく感じたのでした。

 

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

O shōyu

おしょうゆ大臣 40歳、2人の子供の初めてのパパ、会社をやっています! 子供を後継者に!をテーマに6歳男の子&3歳女の子を連れて、いろんなところに行って気づいたこと、よかった勉強方法のまとめをしています。 わからないことだらけ!妻と子供たちに助けてもらいながらパパ、がんばりマス。 国際化社会と言われる現代日本で、どんな子育てがいいのか?と考えながら新しい刺激を子供たちに届けながら、お届けします。