高尾山の展望台 3歳&6歳の子連れで行ったら大喜びだった




こども内閣 おでかけ省 大臣のおしょうゆです。

6歳のケチャップ総理と3歳のマヨネーズ副総理を連れての高尾山。
まだ肌寒い平日の、混雑していない高尾山にやってきました。
高尾山は都心から1時間程度で行けるハイキングスポットとして有名ですが、夏はビアガーデンなんかもいいですよね。

高尾山に3歳子連れ ベビーカーを持って行ってみたら!大丈夫、リフトは怖くない

2018.03.19

前回リフトを活用してお団子屋さんのゾーンまで上がってきましたが、今回ご紹介したいのがこちら!
絶景・展望と書かれたこちらです。

ケーブルカーでここまで上がろうと思ったのですが、なんと6歳ケチャップ総理の希望でリフトになりました。
そこでベビーカーはリフトの駅に預けています。

高尾山の子連れでも楽しめる絶景スポットへ

天狗ドック?

高尾山から麓を見渡しながら食べるのでしょうか。
気になりますね。
早速進んでみます。

割と急な坂道を登っていきます。
ベビーカーでも押して上がることは可能です。

高尾山天狗ドッグの撮影スポットが!

夏はビアガーデンになるわけですね、これは気持ち良さそうです。

高尾山バーベキューのメニューが。

キッズプランも用意されています。

手ぶらバーベキュープラン

1名 3300円

キッズプラン 900円
フードバー 500円
ドリンクバー 500円

これは暖かくなったら行きたいところ。

さらに上へ!無料展望台がある

さて、実は高尾山山頂まで行かなくともここで絶景が見渡せる!と書くと大げさかもしれません。
でも、小高い小山の上にあるこちらのお店、その展望台というのです。
ちょっと高い位置になるだけでも随分と見え方は変わってきますよ。

それではこちらから階段で上がってみましょう。

ベビーカーはリフト乗り場に預かってもらってきてよかった!と思いました。
ベビーカーの弱点はこの階段なんですよ。
いつ訪れるかわからないチャンスのように、いつ訪れるかわからない階段。

つきましたー!

高尾山絶景カフェ!

高尾山名物の天狗ドックもありますね。
ソーセージですからね、天狗っぽいですよね。
天狗といえば高尾山ですからね、名物ですよね!
高尾山名物ですよね。

お、絶景を眺める恋人たちがいます。

そして!

なんと柱の禁煙と書かれた文字の枠が、ハート!

これはもう、吊り橋効果を思い出しちゃいました。

吊り橋効果とは、揺れる吊り橋を二人で一緒に渡っていると、恐怖を感じてる時に一緒にいる人に対し、恋愛感情を持っちゃう!という効果ですよね。
おしょうゆ大臣が生まれる4年前の1974年に、カナダの心理学者 ダットン&アロンが提唱した学説なんですって。

応用編としてはホラー映画も同様の効果って言われますよね。

そんなことばっかり考えていた20代、懐かしいです。

ちなみに絶景を眺める恋人たちは天狗ドックは食べていないようでした。

さて、一体どんな絶景なのでしょう?

うわぁ。

まるでグーグルマップをクリックして広域のリアルな地図を眺めてるようですね。

高速道路がミニチュアのよう。

6歳、ケチャップ総理はプラレールに夢中でありますが、なんだかプラレールで作ったような道路であります。

まだお団子を食べきっていないケチャップ総理 6歳。

高いところもなんのその。

え?

何かありますか?

おしょうゆ大臣、これ以上そちらに近づけないのですよ・・。

ええと、いろいろな山の名前が書いてありますね。

おしょうゆ大臣、これ以上近づけないのですよ。

高尾山の展望台のメニュー

高尾山の展望台ではいろいろと飲食物も売っていました。

生ビールをはじめ、コーヒー、ソフトクリームにたこ焼き。
もちろん天狗ドックもありますよ。

その名も絶景カフェ!

名前に異論はありません。

さあさあ、来たばかりですが高尾山には温泉もありますし・・帰りませんか?
帰りましょうよ。
一旦麓に戻りましょう!
ね、ケチャップ総理。
ケーブルカーで、麓に・・

え?

ええ?

なんですって?

フト?

がいい?

リフト、

リフト、がいいんですか。帰りも。

帰りのリフトもまた絶景

ということで、ケチャップ総理の希望で復路もリフトになりました。

って、これはスリリングでしょう。

爽快といえば爽快ですが、ちょっとおしょうゆ大臣には。

ということで、無事高尾山温泉 極楽湯についたので、温まってカエリマス。

おしょうゆ大臣、明日は海外出張なので荷造りしないと・・。

でも混雑していない高尾山、リフトに乗って展望台に行くだけでも充分子供たちと楽しめた、そんなこども内閣でした。

さて、次はどこ行こう?

高尾山に3歳子連れ ベビーカーを持って行ってみたら!大丈夫、リフトは怖くない

2018.03.19




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

O shōyu

おしょうゆ大臣 40歳、2人の子供の初めてのパパ、会社をやっています! 子供を後継者に!をテーマに6歳男の子&3歳女の子を連れて、いろんなところに行って気づいたこと、よかった勉強方法のまとめをしています。 わからないことだらけ!妻と子供たちに助けてもらいながらパパ、がんばりマス。 国際化社会と言われる現代日本で、どんな子育てがいいのか?と考えながら新しい刺激を子供たちに届けながら、お届けします。