ゴールデンウィークの富山旅行 おすすめ回転寿司と




こども内閣 トラベル省 大臣のドレッシングです。

世間はゴールデンウイークということで、連休真っ只中におじいちゃんのいる北陸・富山に行くことになったこども内閣。

ちょうど中間に、平日が挟まっていたため、この日は仕事という方も多いためスーツ姿と観光客が入り混じった東京駅丸の内改札付近を歩く、こども内閣の3歳 マヨネーズ副総理。
ずっとベビーカーに乗っていたマヨネーズ副総理でしたが、急に歩き出しました!傘を持って・・・。

まずは地下鉄で大手町まで出て、ベビーカーがあるので地上に出て東京駅に向かいます。

大手町駅から東京駅まではベビーカーを押して移動しても10分くらいです。

ゴールデンウィークということで混雑している東京駅です。

夕刻のゴールデンウイークの中間の日、平日でもあり仕事終わりから観光旅行や帰省を狙うという方も少なくないのがこういった夕刻です。こども内閣の総理、6歳ケチャップ総理は今年から小学生。

14時まで学校でしたので、ランドセルを持って自宅に帰ってから急ぎ足で東京駅に向かったこども内閣です。

東京駅の新幹線ホーム。
こども内閣はおじいちゃん・おばあちゃんの待っている富山県に、北陸新幹線で移動します。

事前に計画していた帰省ではないので、直前に指定席の空き状況も確認しましたが、グリーン車も含めて全席埋まっていました。

ちなみに、指定席に乗るには子供料金がかかります。

6歳 ケチャップ総理は新幹線料金がかかります。

・小学生以上:半額

富山なら回転寿司でも美味しい

富山なら子連れで回転寿司に行っても、都会では考えられないようなネタの新鮮さ。

こちらは番やの寿司という富山の回転寿司店です。

富山の回転寿司でおすすめといえば、《すし玉》です。

今回はその後子連れで遊びに行く施設の場所の関係で、こちらの番やの寿司へ。

魚の都 氷見の説明文が。
氷見といえばブリも有名ですが、新鮮な海の幸が豊富な街。
というか、富山の海沿いの街はだいたい新鮮な海の幸が豊富なのですが、氷見(ひみ)という地名が一つのブランドのようになっています。

今日のおすすめは、

・こち

・金目鯛

・さより

・地あじ

・皮はぎ

5貫セット860円。

店内は満席でした。

さすがゴールデンウイークの11:20。

ゴールデンウィークということでアプリなどでの事前予約もできず、受付をして待つことに。
なんと57分待ちでした・・・。

ということで回転はしていますが、カウンターの内側で握ってくれる回転寿司 番やの寿司のテーブル席に座ることができましたこども内閣。

いくらも美味しそうです。

地物の甘エビ。

まぐろ3貫。

とはいえ子供たちは、いつものサーモンがお気に入りということで、富山の恩恵に預かることができたのかどうか・・・

その他、唐揚げ、ポテト・・・

特別富山でなくてもというメニューですね。

カニ味噌は普通でした。

5貫セット。

これが地物ということで、新鮮で一押し!

ぺろりと食べて、移動です。

番やの寿司 古沢店(富山の回転寿司)

 〒930-0151 富山県富山市古沢413−2

076-436-1703




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です